フォト
無料ブログはココログ

トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月30日 (金)

ふと戻った

実家5日目。
もはや自分の部屋もなく、いまひとつ落ち着かず、心ほぐれなかったのが、iPodを持ってきたのを思い出し小さな携帯スピーカーにつないでかけてみたらやっと。戻った、感じ。自分のスポットみたいなところに。心の内側のちょっとくぼんだとこに、ストンと落ちた感じ。ああやっと、ひと息。

滋賀での毎日に疲れ逃げてきたものの、千葉の実家は私にとってある意味では最もつらい場所。つらい子供時代を過ごした場所。
昔々この家から合法的(反対されず)に出るために必死に勉強して遠く離れた国立大に行ったんだっけ。
そしてやっと息ができるようになって、素晴らしい友人達に出会い、大阪で暮らしていたのにな。
滋賀でまた再び家族というものに捉えられ。
またここに戻ってきちゃった。

家族、がきっと私の人生の課題なんだろうな。
仲のよい家族ってあるのかな?あってほしい。

両親はとてもまっとうな人達だけど…悪い人達に思える。すごい猛毒をひたすら垂れ流している。私は苦しい。
何が苦しいのか今日少し考えた。
あの2人は誰かと会話しているように見えて、だただ独り言を言っているみたいだ。言うことを聞いてうなずけばいいだけ。
私は子供という目下の存在なので従わないといけないらしいのだ。
意見したり、思うことと違うことを言ったらもう虫けらのように扱われる。
傷付くよ〜、いつになっても…。
ブラックホールと対峙してる。
ああ無力感。

いつもなら3日で大喧嘩。いつも最後はひどい喧嘩で終わる。とっても傷付く。
けれど今回は慎重に。何も言わない。なるべく家にいる。ことにしたのだ。
例えば子供の育て方で本当にひどいことを言われたけど、ぐっと耐えた。
悲しいけど今はここしか居場所がないし、息子を守ろうと思うからだ。
そして私は貝のようになった…。
普段石田家でストンさんを貝のようだと責めてるが、やっと少し訳がわかった気がする。(彼は何を守ってるのかな。)
家族で苦労したことが似てて惹かれあったのかな〜。でもなあ……。

明日は友人に会いにく。母にはまたなじられたけど。(なんでなんだろう。どうしてみんな家にいてほしがるんだろう。すべて仕切りたがるのだろう。)
本当の家族なぶん遠慮がなくてさらにひどい言われ方かも。
逃げ場なし。

でも出かけたいし人に会いたいからもう少しいるつもり。
出かけるっていっても、靴下買いたいとかフレッシュネスバーガー行きたいとか、ささやかなこと(でもないか?!滋賀にないもんね、フレッシュネスバーガー!)なんだけどなあ。
滋賀でも外出は大変で半分ひきこもりだから…。
でも実家でこんななら滋賀でもっと出かけるようにしてみようかな。
鬼嫁とまではいかないまでも…勇気を出して。

私の居場所はストンさんと息子のいるところ。歌を聞いてくれる人がいるところ。

また下で争う声が。嫌だよう。話し方がやくざみたい。こわい〜。

書きすぎたかな?
誰が悪いわけじゃなくてきっと相性の問題なんだろう。
ここが私の原点で悲しみが原動力だった。

もう一皮むけないとかな。
いつめ思うのは『北風と太陽』のお話。
自分があの太陽みたいになれたらいいけどまだダメ。
家族にはダメなんだよ〜。わ〜ん。どへ〜ん。ぶほー。


ほんまに平和な世の中にしたいな。(なんだそりゃ。でもそんな感じ。)

2009年1月28日 (水)

実家にて

昨日実家の千葉に帰って来ました。
赤ちゃんとふたり。
私の旅に突然付き合わされて気の毒な息子。
しかし新幹線でも騒がず、じっと状況を見て対応してて、不安そうだけど笑顔で…なんて健気で頼もしい存在かと思った。
赤ちゃんは本当にすごいと思う。
たぶん状況を受け入れる力が。
だって赤ちゃんはひとりで歩けないし言葉で意思表示できないし…私のわがままに今は付き合うしかないわけで。全部委ねられてるかと思うと改めて身が引き締まる思いがした。
私=母、という存在。もし私が悪い奴だったらもう一貫の終わりじゃないか!この子。
慣れない場所でも私の顔を見たら安心して泣き止んで。いつの間にこんなに信頼される存在になってたんだろうと思う。今彼にとって頼みの綱は私しかいないんだ!本当になんていうか赤ちゃんて…
本当に本当に大事にしたいと思う。
守りたいと思う。
しかし普段の生活で赤ちゃんを守ってるとか育児大変とかは不思議とあまり感じなくて、そういうことは赤ちゃんの魅力に惹きつけられて自然にしてることで、逆にいつだって守られている感じがするのだ。
守るものにはいつも守られる。
赤ちゃんに寄り添って、今ひっそりと生きている。

私がいちいちそんなこと(息子が母である私を必要としてる)で騒ぐのは普段から調子にのってはいけないと心にブレーキをかけているから。母という存在が恐いし、束縛が恐い。好かれてるからって調子にのって自分の思い通りになんかしようとしたらいけない。だって命の綱だから。頼られてるんだから。と思う。
いつもいつかは別れが来ることを意識して、今を大事に、気を引き締めていかなきゃなあと思う。
彼には彼の人生が。
かわいいからって囲ってはいけないと。
でも赤ちゃんは可愛すぎるから、例えば常に好きな食べ物や注ぎたての生ビールを前にしてそれを無視し続けないといけないようなことかなと、毎日が。

ああなんだかうまく言えないのになんで語り出したのかしら。

母という存在が恐いから、自分でも少し固いなあと思うけど慎重になってしまう。
調子にのっちゃいけないと思うのは癖でもある。
後で傷つくのが恐いからだ。
そっか…なんか恥ずかしいな。

息子が起きたので今日は終わろ〜う。まとまりないままに〜。
そうよ〜家出気分で出てきたのブギウギ〜ブギウギ〜。3年くらいいるつもり〜いるつもりブギ〜。


暗がりで目を閉じたままおっぱい探しあててチュチュっと吸い尽き飲む姿を見ると、ああ動物の赤ちゃんなんだなあ〜と思う。
思うブギ。

2009年1月25日 (日)

!!

オ〜!ソウ エキサイティング!!
すごい! すごい〜!
小川賀子さんからメールが来た〜!
すごいぞ〜。
ブログ始めて良かった〜。
面白いなあ〜♪
ネットってこんなことがあるの?
同じ名前だからって『内木ひそか』さん同士だったら一生コンタクトしあわないよね…
さすが小川賀子さん!よっラテン系!(?)
フォー♪

あっはっはっ


(詳しくは初日の『小川賀子より』コメントの方で)

2009年1月24日 (土)

育児サークル 

きのう息子を産んだ産婦人科主催の育児サークルに行ってきた。
相変わらずの寝不足と気鬱で体がしんどかったけど頑張って行ってほんとうに良かった。
もやが晴れた感じ。人の力ってすごい。
同じように夜中の授乳でしんどい〜と言っている子達がいて、助産師さんが「そんな時は今この夜中に、おんなじ思いしてるお母さん達がいっぱいいるんだなあと思ってがんばって〜。」と言ってはって、なんだかハッとして、励まされました。ほんとうにそうだなあ。お母さん達、といってもみんなほんとうにかわいらしい女の子たち、です。

もうひとつ、助産師のyさんが教えてくださったことで気になることがあったのですが続きはまたあした、、、

今日はまたショックなことがあり泣いてしまった。
息子に申し訳ないなあ。でも元気で健気だなあ。

今は息子にとってとっても大事な時期で、レコーディングしなきゃとか思うのは間違ってるのかなあと思いはじめてきた。余裕があればちょっとづつする、くらいがいいかも。今年の目標!とかに掲げるのは違うかも。
いつもあせってるのが伝わっておっぱい離してくれへんのかもなあ〜〜〜。
思いきって数年は子育てに専念するか・・・時々は歌うのか・・・どちらが子にとっていいのか、な〜〜〜。わからん。今日は・・・ね、寝よう。昼間ひどい立ちくらみ。倒れたりして、と思って介抱されてるとことか想像したけど全然平気だった。

ちびまる子ちゃんの4コマ面白い〜

2009年1月18日 (日)

ストンさんはライブへ 

雨が降っちゃたな。今日はネガポジでトレーニングボイジャーのライブ。どうだったかな。見たかったな〜。ほんとにすばらしい音楽を彼らはやっているのだ〜!!ファンです!

となりで赤ちゃんが寝てる。ぽっかぽか。かわいすぎる〜!
あんまり熟睡してると不安になって息してるか時々確認してしまう。

この間具合が悪かった時に、二階で部屋を暗くして久しぶりに赤ちゃんと離れて一人で寝ていたとき、下で赤ちゃんの声とそれで笑う家族の声がして。例えば今この暗い部屋が大阪で一人暮らしのつらかったあの時の部屋だとしたら…と思ったら今はしあわせなんだなって思えた。そこからまたふわりと上向きになれた気がする。これを繰り返して過ぎてゆくのかな。

文化の違いって思ってたより重いなと思う。土地の風習や時代の風習の違い。
毎日ウルルン滞在記と思って暮らしてる。
でも今の暮らしはきっと私に必要な修行で、成長していい歌が歌えるようになるかもしれないから頑張ろうと…それを励みにしてます。

歌に支えられて生きてるなあ。聴いてくれる人達に支えられてるってことでもある。のか〜。しみじみ。みんなを励ませる歌を歌えるよう成長するから〜。日々のもやもやの中で何かがつかめそうな気がするから〜。ひとりひとりの心の平和が世の中の平和とつながってると思うから〜。みんな〜。また会おうね〜。

す〜ん

外は雨。赤ちゃんの足はすべすべ。

歌います・・・

『しおさい』

うすぐもりの朝 外はきっと雨
私はひとり海の中
アスファルト 潮騒の音

どこにもゆくあてのない 今日を始められない心
毛布にくるまったまま 雨粒の涙

あなたがいないと二次元の世界
私はひとり絵の中 明日のない悲しみの色

おもうだけでしあわせな事もある

雨粒があくび…

うすぐもりの朝 外はずっと雨
私はひとり海の中
アスファルト 潮騒の音
アスファルト 潮騒の音…

(2006 小川賀子)

2009年1月14日 (水)

小川賀子より

今年の目標としてブログを始める、と決めたので始めてみます。
本当はホームページがんばりたいけれどまずは勧められたブログから。
今までのホームページを作ってくれていた人と連絡がとれなくなってしまい、掲示板のみでやっていたのですがライブのお知らせはとまっているし写真も変えてほしいと伝えたきりだしずっと気になっていて。(kさんもし見てたら連絡ください〜)
掲示板、だれも見ていないだろうと思っていたのですが時々見てくださっている方もいると聞き・・・本当にありがとうございます。
これからもよろしくおねがいします。
ブログに何かくんだろう・・・
ライブのお知らせ?していいよね
思うこと?ひとりごと?日記?
試しながらやっていきますね。
ちなみに配偶者であるトレーニングボイジャー石田さんの日記はすごく面白い!
あれは感心する。本にしてほしいよ。
という一回目の試し。どりゃ〜送信。

トップページ | 2009年2月 »