フォト
無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月28日 (土)

縫い物

イライラもやもやを縫い物に昇華することに。
ほ〜んとに落ち着きます。
物を作るってほんとうに楽しい。大好きだ。
絵を描くでも工作でもなんでもいいんだけど縫い物が今はちょうどいいみたい。空いてる時間にちょっとずつ5分だけでもできるから。絵だとまとまった時間がいるし。
じつはお義母さんの趣味もパッチワーク。今はよくわかる。家中にある数々の作品もいろんな気持ちで作りはったんやろうなあ〜。女がパッチワークをする国は栄える、という言葉があるらしい。なるほどなーと思う。いっぱいのもやもやを旦那さんにじゃなく布にちくちくやるわけですね〜。
この間千葉に帰ったときから始めて・・・帽子を3つ、ルームをシューズ1つ、ポンチョ1つ。千葉の前にボールも2個作ったか。全部贈り物。
しかしここ3日全くできずにイライラが募っています。なぜならミシンを使ってやりたいことがあり、なかなかそのタイミングがないから。30分でも誰か息子を見ててくれたらできるんだけどな〜。今日は諦めてテレビ見てもやもや解消。やっぱりミシンは諦めて手縫いにしよう〜。


テレビ

あ〜おもしろかった!
今日のイロモネアのケンコバさん。笑いすぎて床に頭を打ってしまい、久々に頭を打った感覚まで味わった。なんか小学校のころを思い出した。
イロモネアとレッドカーペットがほんとうに楽しみなのだがなかなかゆっくり見られないから今日は嬉しかった。録画のレッドカーペットもやっと見ることができた。テレビの主導権ないからなあ〜。今日はラッキーだった。
外出がなくてテレビが楽しみとか、毎日繰り返しな感じとか、親がいて自由がないけど守られてる感じとか、子供のころの生活に似てるなあ〜。

2009年2月23日 (月)

化学

きのう珈琲を飲もうと思って、香りも楽しみたかったので紙のフィルターに粉の珈琲を入れ、やかんで沸かしたお湯を注ぎ、珈琲の良い香りが立ちこめるまさにその瞬間、何故かオナラをシューッっとしてしまった・・・ら、オナラのにおいもしないし珈琲のいい香りもしない、何度かいでも。
え〜・・・てかなんでこのタイミングでオナラしちゃったの。
なんだか不完全燃焼な気持ちで珈琲をひとくち飲んだらおいしかった。良かった。味までは奪われなかった。オナラの奴に。

つき合いたての頃石田さんに「ふんづマリ子」と名付けられたんだ〜。
屁〜え。

2009年2月17日 (火)

こんこ

雪景色
2階のベランダで洗濯物を干しながら
きれいだなあ
と思う
まるで旅先のような気持ち
いつかあたりまえの景色になるだろうか
バケツに分厚い氷が張ることも
きんと冷たくてあったかいような空気にも
体ごと
馴染むのかな

お昼前にこの間図書館で借りた新刊の小説を読み終えた
読み終えたとたん感動が体中にじーんと駆けめぐり、大きな音が鳴り響いているようだった
誰もが無言の雪の日の静かな部屋で
こたつの向かいには石田さんがノートパソコンに向かってて、横ではyちゃんが遅い朝ごはん食べてはって、窓辺では赤ちゃんがスヤスヤ寝てて…窓の外は雪が降っていて
おばあちゃんがふっと戸をあけて新聞だけを差し出す…(戻しといてってこと)
yちゃんの手から私へ無言のバトンリレー
新聞をラックに戻す

指先まで満たされた気持ちになりながら、それぞれの宇宙について考えた

同じ空間にいて、私のこの感動には誰も気がつかない
胸の音も
なんだかいい時間だなあと思う

雪だったからかな

お昼過ぎに雪はとけて

魔法もとけてしまったみたい

そういえば不思議とちょうど今の気持ちに合うような、ヒントをくれるような本を立て続けに2冊読んだ
図書館で偶然目の前に置かれ惹かれた本と適当に目に付いた新刊コーナーの本
偶然にも家族や母と娘がテーマ、しかも舞台が滋賀だったり…
不思議〜
こういうことってたぶんみんなあるんだろうなあと思う
アンテナがあるんだよねきっと…改めてすごい!


最近離乳食を始めて…波乱の予感
女達のドラマが始まる!
『お粥太平記』〜しらすと昆布のラプソティー〜
カミングスーン!

2009年2月14日 (土)

バレンタイン

愛する石田さんにチョコを買ったよ〜present

早く食べたいな〜

早く帰ってこないかな〜


買ったという気持ちだけは・・・伝えておこう!(ブログ越しに)


2009年2月 3日 (火)

東京

今日は東京のいとこの家に初めて泊まりにきた。
子供の時以来だいぶ距離があったけれど出産をきっかけにメールでやり取りし始めてだいぶ親身に相談にのってくれたり子育てのアドバイスをくれていたのだ。
3つ年上の彼女は昔から私の憧れの存在。今は5歳の男の子と3ヶ月の男の子のお母さんだ。

ついていきなり、5歳のyくんのかわい賢い元気ノンストップさにただただ圧倒されて時間が過ぎる…。
そして彼が寝たあと、さっきまでしみじみと2人で話をした。
お互いにおっぱいあげながら。

親の世代との確執についての話になったとき、私が『戦争の影響がすごくあると思う。ひずみっていうか…』と言ったらいとこのRちゃんも全く同じく思ってたみたいでお互いに喜んだ。
彼女の意見のほうがさらによく練られていて、唸りっぱなし。なるほど〜!
日々石田さんとはこんな話してるけど…。日々の子育ての中で同じようなところに考えがいたった人に出会えて本当に嬉しい。いとこだから似てるのかな…。
私が苦しんできた私の母の困った部分に共感してくれたのも嬉しかった。Rちゃんも最近私の母と喧嘩になったことがあったらしかった。

子供の時は本当によく遊んでもらったRちゃん。久しぶりに会って、大人になったところから昔の話を聞くとまた面白い。答え合わせみたい。

不思議だなあ。今この時間。

東京の高層マンションにいる私。
向かいのマンションがいとこが一緒に住んでいた亡くなったおばあちゃんの家。おばあちゃんちに泊まりに行ったときおばあちゃんの部屋から東京タワーが見えていて、遠く車の音が聞こえていたっけ。
この部屋は静かだな。新しいマンションだから防音がしっかりしてるのかな。

しかしマンションて寒くないんだなあ。
滋賀で寒さに鍛えられてるのかな。

明日はゆっくり寝ててねって…Rちゃん優しいなあ。ありがとう。そしてまたまた今日もここまで付き合ってくれて息子には感謝してもしきれない。ありがとう息子よ。お母さんはこんなだけどちょっとずつ世界を広げてるよ。
きっと還元するからね。
今は本当にありがとう!

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »