フォト
無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月22日 (火)

刺激物

あまりの胃の痛さに土曜日病院行きました。

胃潰瘍…かも?とりあえず胃の薬飲んで様子見て。刺激物をとらないように。
という診断。
刺激物食べると胃酸がたくさん出て穴あいたり傷ついたり弱ってる部分を刺激して痛むんだそう。(なるほど〜。)
刺激物は何かと聞くと…
お茶やコーヒー、お酒はもちろん、油っこいもの、あとは麺類とパン!もですって。意外。麺類とパン…。
私どれもガンガンに食べて飲んでましたから痛いわけです。
それらをやめたらびっくり、胃全然痛くなくなりました。
ちょっとだけと思ってパン食べたらちょっとだけ胃が痛くなって、へええ〜と。
今まで胃が痛くても痛いままでいて、そういう摂生をまったくしたことがなかったからほんと、病院行って気づかせてもらえて良かったです。
けど刺激物って…食べたいものばっかりです!こまるなあ〜。刺激物って体に悪いんかなあ〜。今後もガンガン食べるだろうしちょっと不安がよぎる〜。

そして、私はよく胃に穴が開きます。
今回も開いた瞬間がわかりました。
友達にショックなことを言われて心臓とまるかと思うくらいドキッとしたと同時にドパンときました。一瞬で。
打たれ弱すぎるんです。
人からどう思われてるかすごく気になり…
私嫌われてる!
って思ったら胃に穴あくくらいへこみます。
嫌われてると思いがちだし。
一番の恐怖かも。

その場は涙こらえるので精一杯だったので後から尋ねたらその友人の発言の意図は違うところにあり、誤解だとわかりました。でももう穴開き済み。
なんぼ弱いねん、と思います。
だいぶ図太くなったつもりでしたが〜。
ズキッ、ドパン。
やわですたい。

2011年2月18日 (金)

王様の赤

ううううお腹痛い。ここんとこずっと。また胃潰瘍かなあ〜。いたた。
我慢できるくらいの痛みだけど痛いと頭働かない・・・けどくやしいしなにか書く!こと描く子と書くことはないかなあ〜痛い。


そだ、大学のときに教授に聞いたお話を。
むかーし今のように染料の技術が発達してなかったころの衣服はだいたい地味な色だったみたい。
たぶん草木染め、みたいなことかな?
で、おとぎ話にでてくる王様は真っ赤なマントをしてるけどあの赤はやっぱり王様の色なんですって。
なぜかというとあの赤は、てんとう虫の赤い羽を集めて作った色!だったそうです。
あのちっこいちっこい赤を大量に集めるには財力がいるということみたい。
「えー!てんとう虫の赤を!?」ということだけ覚えてて曖昧な話ですみません・・・。
その教授(のお顔も思い出せませんが)が「赤は権力の象徴で王様しか着られなかったのに今はみなさん普通に着ておられますねえ。」とも。確かに今は赤だけじゃなく色が溢れてますね。
日本画の顔料は石を砕いてゴリゴリして作っているけど絵の具がない時代はそうしてたのだなあ。あ、絵の具ももとは顔料か。
今は化学薬品とかで鮮やかな色ができるのかな。いろいろな物の。
そういえば時代劇の偉い人のお着物も王様のマントとおんなじかあ。草木染め庶民からしたらもー夢のようにきれいだったかもなあ。
もし草木染め(って勝手に言ってるけど)オンリーな世界になったら・・・はい、どうでしょー。

お腹いたいのでここまでーーーー。まとまらないままに。すみません。

さっき次回作の実験的音源を少し録音しました。

2011年2月14日 (月)

クラブハリエのケーキ

クラブハリエ本店のケーキが今日も感動的に美味しかった!

今日で食べたの4回か5回目かなあ。毎回感動。デートならとっくにプロポーズしてるって感じ。確信ですね。
どんな人が考えてるんだろ〜う。絶対食いしん坊だ。食いしん坊を満足させる味。もう大ファンだ。

俺は…俺は……ファンレターを書くぜ!きっと書くぜ!
書きたいんだぜ!
井村屋のたい焼きアイス以来のファンレターを!


ちなみに今日はお義父さんの誕生日。
超チョコレート好きでバレンタインが誕生日ってすごいなあと思う。
…今気づいたけど私イシダさんにバレンタインチョコあげるのすっかりさっぱり忘れてる!あ〜。なんてことでしょう。告白のチャンスを逃してしまいましたね〜。

2011年2月 9日 (水)

こわい夢のあと

こわい夢のあと


今朝の夢。
道で突然爆弾による爆風を受ける。風がこんなに熱いんだ、と思う。
戦争でも始まったのだろうか。必死に逃げて学校みたいな建物に入り込む。そこで何人かの人たちと過ごしていると窓の外に迷彩服にライフル銃の兵士達が密かに建物のまわりを占拠し始めているのが見えて…どうしよう殺される、たぶん逃げられない、こわいよう……


はっ


と目がさめると朝の静かな部屋で、両隣にはスヤスヤ眠るかわいい子供達。
恐ろしさにどきどきしていた私は心底ほっとして、


『こんなに安全なところで安心してじっくり子育てができるなんて、なんてしあわせなんだ!!』


と心の中で叫びました。

ずっとそうしたかったのかも。良かったね私、と思いました。

人生で最高にしあわせな朝だったかもしれません。
そしていつもちょっと寂しく思う。今は過ぎてゆくから。

写真はドレッシングのキャップをかじる茜一。


千賀子おばさん

毎日更新が目標やのにすぐ間があいてしまうなあ。ほぼ毎日ブログ更新してる夫はすごいなあ。面白いし。そのぶんふーふの会話時間が減ってる気もするけど。
イシダストンブログ→http://yaplog.jp/bp_ishida/
彼は今ソロ音源を寝る時間削ってとってます。出来たらぜひみんなに聴いてほしいです!

* * *


先日、伊丹の千賀子おばさんが亡くなりました。本当に驚き、そして悲しい。悲しいです。
千賀子おばさんは母のいとこの奥さんで私は彼女が大好きでした。憧れの女性でした。
大学受験のとき、家に泊めてもらったことがずっとずっと胸に残っていて。ほんとに良くしてもらいました。
大学に入ってからは入院した時にはるばるお見舞いに来てくださったり、軽音楽部の定期演奏会を見に来てくださって。
私の母が仕事人間だったからか、真逆の女性ともいえる千賀子さんは鮮烈でした。
受験の下見に前日わざわざ一度大学まで足を運んでくれてたこと。すっごい遠いのに。わたしのために…ほっとかれて育った真ん中っ子の私には感動というか…そういう優しさに飢えていたからなんだかほんとに眩しくて、照れてあんまり話せなかったような、いっぱい話聞いてもらったような。
当時小学生のかわいい子供達とたこ焼きパーティーしてくれたこと。
笑顔ふっくらやさしかったこと。
お化粧落とした寝間着のおばさんは別人みたいでびっくりして逆に女の人を感じてどきどきしたこと。

もう千賀子おばさんがこの世にいないなんて信じられない。
子供連れて会いに行けばよかったとほんとうに後悔しています。
千賀子おばさんのご冥福とご家族の心安らかなることを心よりお祈りします。

悔いなく人と接するべき時代がだんだんに。気を引き締めなくては。

結婚式、来てもらえてほんとうに良かったなあと、今写真を見ています。

2011年2月 2日 (水)

酔ってるあたしは最強〜!

久々酔ったぞ〜。いつもは2人で半分この赤ワインをひとりで飲んだぞ〜。
昨日ここんとこの赤ワインブームの流れでついに買ってみた350円の国産ワインがもう…最悪でさんくちくらいのんで泣く泣く捨てました。悪酔いすると2人とも判断して。ほんと〜うに後悔。泣く泣く。捨てました。
最近飲んでた安ワイン、例えばチリ産やイタリヤ産やフランス産の、一番安いのでも500円前後。あと150円払えば…と大変後悔しました。なんか考え方が全然違うのかもワインの。
えと…で、今日リベンジで一歩…一本、です。チリ。
ででで、酔って、ですね。アメトークの録画を見てて…家電芸人、ですね、ホームベーカリーのとこ見て、そうだ!パン焼かな!と思って今セットしましたよ!ぶ〜んいってます。は〜酔っ払いです。今はこたつです。小走りで応接間走って行き、機械とってきて…薄力粉とかさっきセットしたみたいですよ、酔ってるのでもう、ぐるぐる、ドライイーストをばらまいてしまいましたが…あした焼けてるかなあ…焼けてたらびっくりです。
酔っていそいそパンセットしました。

ううう
ヤバいかも
ぐるぐる
お酒弱いなあ〜
飲みたいほどには飲めんなあ

でも久々酔ってしあわせだあ

もちょと飲みたいがからっぽ

明日パン焼けてるかなあ

(追記。現在翌朝の6時50分です。パンは焼けていましたが、パンの焼けるにおいに「うっ」となりました。ええ、二日酔いです。買い置きのワインがなくてほんとうに良かった・・・酔っぱらいの私め。ううう。しかも今は餅の時期でパンだれも食べないし。・・・今トイレで吐きました。ド平日に何やってんですかね〜。サイテー嫁〜。もいっかい寝・・・ます。みなさんごめんなさい。)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »